英会話力を伸ばすためには、会話をたくさんすることです。

そこで英会話レッスンで講師が気を付けなくてはいけないのが、生徒様に沢山会話をしてもらうという事。 

私の指導では生徒様が7割から8割話して、講師が2,3割くらいです。

 

新人講師は特にこれが出来なくて、5割以上は講師が話して、ひどい場合は8割から9割自分が話しています。

 

内容のその多くは英文法や英語にまつわる話で、説明するのがレッスンと思っている講師がほとんどです。

 

ではなぜ生徒様が7割以上話すのが良いか?という事ですが、講師が話す、説明するのだったら動画やYou tubeでも良いですし、実際に頭で知識を理解させるのではなく「海外で外国人と話す」という事を疑似体験させる事をたくさん経験させる必要があるからです。

 

車の運転で言うと、学科をたくさん受けても車の運転自体はうまくなりません。実際にハンドルを握ってアクセルを踏むことで車の制動を感じることが出来て、数をこなせば体で覚えることが出来ます。英会話もこれと同じ事なのです。

 

生徒様に言葉を発してもらうことが、上達のカギであるという事を理解するまでに時間がかかるので、たくさん教えなくてはいけないと思っていることを時間内に多く伝えるために講師自身がたくさん話してしまうという事です。

 

 

そこで次はアウトプット英会話自己学習法です。

 

 

さて、上記のことを踏まえてよい講師選びも大切ですが、自己学習ではどうすれば良いか?はもうお分かりですね!

 

「実際に話すこと」をたくさん行う事です。

 

でも自己学習で相手もいないのに話すの?と思われるかもしれませんが、自己学習でも英語を話す学習をすると英会話が上達します。

 

机に向かって読み書きも大切ですが、話す聞く学習を重点的に継続していると、ある時自分の会話力の上達に驚く日がやってきます。

 

話す自己学習方法の一つがシャドーイングです。

シャドーイングとはCDや動画などを使ってネイティブスピーカーが話す英語を聞き取り、あとを追いかけて復唱するという実践的な会話練習です。

シャドーイングを行うことによって得られる効果はたくさんあります。

 

  • スピーキングのリズム
  • リスニング力
  • ネイティブスピーカーの発音
  • リンクする音の聞き取り

 

などですが、一番の効果は英語を話すことになれるという事、もちろん相手がいないので会話のキャッチボールはできませんが、スピーチのような場で話すのは日本語でも難しく離れや経験数が多いほど上手くなります。

 

英語も同じように普段から口にしていれば、日常になりますので経験が多ければ話すのが上手くなるのは当然です。

 

このシャドーイングは使うマテリアルにもよりますが、英会話初心者にとっては聞いて話しても意味が分からなかったりすることもあります。

 

シャドーイング自体にも目的をもって行う、○○シャドーイングなどいろいろありますが、初めのうちはこの練習に対しては、あまり意味を考えずにただ追いかけてまねるイメージでもよいです。

 

文法学習などレッスンを受講していくうちに英文の意味が理解できるようになりますんで気にせずにドンドン行うと良いでしょう。