日本人にとって英会話で一番困難と言えるのは英語発音です。

うちのスクールでも英語発音を一から学びたいという方が後を絶ちません。

理由はいくつかありますが、まず英語の発音が日本人にとって、かなり難しいからという事。

英語と日本語では音の発生の仕方が大きく違いますので、日本語を自然と覚えた日本人には英語の音は不利とも言えます。

聞き取りがむつかしいのも一部は同じ理由です。

 

しかしリスニングのほうは、まだ練習次第で聞き取りできるようになりますし自分自身でも学習ができますが、英会話発音の場合は自分では学習できないという事もあります。

しっかりと講師やトレーナーに習い、たくさん練習しなくては綺麗な発音は身につかないのです。

英語といえば日本人にとっては読み書き、文法など、教材を使って自己学習できるものは得意だという方がたくさんいます。

読むことは目で文字を追って理解すること、そして書くことは正しいスペルで正しい語順で書くことですから学生時代の受験勉強をしてきたのである程度覚えているという方がいらっしゃいます。

ところが英語を話すとなると、子供のころに英会話スクールで外国人の先生と話していたとかインターナショナルスクールに通っていた、海外に住んでいた、外国人の友達がいる、仕事で英語を話す必要があるなどの実践的に英語を話す環境にいる方以外は、英語を話す事がほぼないと思います。

という事は英語を口から発するという行為が一切されていないので、いきなり英文を口に出しても上手く行く訳がないのです。

また話せてもカタカナ英語のように音が日本語英語になってしまいます。

 

そこで英語発音をよくするための手順としては、第一に正しい英語発音の法則を学ぶという事です。

これはフォニックスという発音の法則がありますので、そちらをお勧めいたします。

そして、学んだ発音を正しく発生できるように練習する事。

最後に正しい発音が出来ているかチェックしてもらう事。

これで発音の矯正が完成しますが、ここまでの道のりは少し大変ですが、やり方がわからないという方が多いので、英会話の発音をよくしたいという方はCOCCO英会話の「フォニックスマスターコース」を申し込みください。

 

4回で完結するフォニックスの発音の基礎を学べます。