英会話初心者の方は英単語や熟語、英文法がわからないから話せないという方が多いと思います。

レッスンを受講するともちろん文法や会話、発音など様々な角度から英語というものを学ぶことになります。

少し話せる中級者の方ももっとマンネリではなくネイティブが話すような英語や上級者のような口調で話せればと思っている方も少なくないでしょう。

 

文法やボキャブラリーを増やすことで会話の幅が広がります。

英会話レッスンではどちらも習いますが、圧倒的なスピードで英語力を身に着けるためには日々の自己学習が必須となります。

 

しかし一般の社会人にとって毎日英語の為に学習時間を増やすことが出来ない方も多い事と思います。

そこで自然に文法やボキャブラリーを増やすには自然と毎日行う日常のルーティーンを作る事が上達の近道となります。

 

例えば筋トレを毎日行うのは継続するのが大変ですが、引越センターや力仕事が必要な仕事をすると1年で体が引き締まり筋肉が付き腕も太くなります。

またパソコンのタイピングもタイピング練習を行うより、毎日日記をパソコンで書くようにすると1年後にはタイピング速度も速くなっているでしょう。

 

このように英語も日常に取り入れていくと自然に上達するのですが、仕事で英語を使う場合を除いて英語にかかわるのは自分で機会を作る必要があります。

 

外国人の友達を作るなどはとても有効ですが、自分だけで完結する学習法があります。

 

それは、頭の中で英文を作る作業をすることです。そしてその作った文章を書いて残します。

その時に言いたいことを英語で言えなかったりかけないのは単語を知らなかったり語順がわからなかったりという事が理由です。

 

そこで日本語を英文にする時に「deepl翻訳」というアプリがありますので、これを使って日本語を打ち込みます。

すると英語に翻訳された文章が出てきます。

初心者の方の場合、初めは、あまりよくわからないかもしれませんが、中級者の方は分らなかった単語や言葉の順序がわかると思います。

初めのうちは理解できなかったりすることも多いでしょう。

しかし日々繰り返し何度も行う事で自然と英語の語順やボキャブラリーがわかるようになってきます。

こういった翻訳アプリはよく間違った単語や文法に変換されることがありますが、最近ではかなり進化していて昔に比べると、かなり制度が上がってきました。

またこのアプリに関してはGoogle翻訳に比べるとかなり正しい英語に変換されます。

 

ですが、英会話初心者にとっては翻訳が正しいのか間違っているのかもわからないことがありますし、翻訳された文章を全て鵜呑みにするのではなく、翻訳された英文をコピペして今度は日本語に翻訳するなど工夫してして、単語の意味が分かるまで調べたりする必要もあります。

 

このような事を、行い文章を作って出来れば外国人にメールを送ったりLINEをしたりして行くと、英文法力が上達します。

書き言葉をそのまま話すと会話ができるようになるという事ですね。 ただし発音やイントネーションに関しては別になります。

 

さて以上が英文法とボキャブラリーに強くなる自己学習法ですが、いかがでしょうか?

 

この学習方法は一例で、ほかにも、自然に上達していくようなタスク作業を自分で作ってみるとよいと思います。