英会話レッスンを受講する時にネイティブスピーカーが良いか?

というテーマは今まで何度も取り上げてきましたが、この質問はとても多いので私なりの解釈をご説明させていただいております。

 

英会話学習を何年もしている中級者や上級者は自分にとってどちらの講師が良いかと言うことはもうすでに分かっていると思いますが、英会話を初めて学ぶ初心者の方は実際にどちらから習えばよいのか分からない方が多いはずです。

 

結果から申し上げると、習う方の気質やタイプにもよりまして、またネイティブの講師のスキルやタイプ、経験にもよります。

 

ネイティブスピーカー講師の中にも日本語が出来る講師と出来ない講師が居ます。

したがいまして日本語が理解できている講師の場合、どうしても分からないことは最終的に日本語で答える事ができますが、全く日本語がわからない講師の場合は、最後までわからないという結果で終わることもあります。

 

これはこれで、絶対に良くないというわけではなく、日本語が分からない講師だから英語で何とか頑張るという姿勢の生徒であれば、上達が早くなることは多々あります。

 

また、英会話スクールによってはしっかりと研修を行い日本語なしで生徒に理解させる事ができるスキルがある方だけに実際のレッスンをさせているスクール存在します。

 

しかし、多くの外国人講師たちはこういったスキルが無いまま、レッスンを行い英会話初心者の方が1年、2年と習い続けた結果、全く上達しなかったという事例を何度もお聞きしました。

こういったケースになるのであれば、日本人講師から日本語で英語を習うほうが、理解度が高く、上達の近道になる事になります。

 

そして日本語で質問して日本語で理解したいというタイプの生徒の場合は日本人講師から学ぶほうが良いのです。

 

英語を習う生徒の目的も必ず早く英語が上達したいという人ばかりではないので、受講する生徒の目的によっても異なるというわけです。

 

また、日本人講師から全て日本語で英語を習うのは文法を理解するうえでは上達は早くなりますが、リスニング力と外国人慣れ、スピーキングに関しては上達が遅くなることもあります。

 

やはり、英語を英語で習う事が好きで、定期的に上達を実感できてレッスンが苦痛でないのであればネイティブ講師のほうが良いでしょう。

 

日本人講師、外国人講師、日本語が出来る外国人講師とタイプはいろいろですが、講師のスキル、経験、実績などを踏まえて考える事項です。

 

 

images (45)

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive