新しい規格のクラス英会話野外授業クラスが始まります。

そもそも英会話を学習する人のほとんどが、話せる聴けるようになりたいと言う理由で英会話を習いに来ます。

教室で英文法を学んでもテストの点数は上がると思いますが、話せるようにならないのです。

ゴルフの打ちっぱなしでずっと練習しているようなものなのです。

今回の野外授業は、通りがかりの見知らぬの外国人に声をかけると言うゲリラ的な荒っぽいレッスンですが、

海外で英語を使うならこのような練習をたくさんすると実力は上がります。

教科書通りにはいかないので、適応力も付くと言うわけです。

ゴルフもフェアウェイでプレイすると分かりますが、なかなか思ったようにボールが飛びません。

何故ならボールの下の地面や足場は、ことごとく異なるので、多くの経験がないと打ったボールがどういうコース

に飛ぶか予測できないからです。

英語も国籍が様々な外国人いますので、いつもの先生とは発音も声のトーンも、周りの環境も違いますので

外国人と話し慣れている方でも、聞き取りにくいことがあるので中級者以下の方には非常に難しく感じるかもしれ

ません。

帰ってくる返事も性格も知らない人なので予想外、また親切に対応してくれるかもわからないのです。

私は英語がほとんど話せない時からこのような事を、よく行っていましたが、一番重要な事は英語力以外にあると

言う事にも気づくかもしれませんね。

来月からが楽しみです。

 

images (34)

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive