英語と日本語では構造が根本的に違います

日本語を話す時、聞く時は結果が最後にきますので、最後まで聞かなくては答えが分からない仕組みになっています。

例えば「私は家に帰ります。」 語尾を「ません。」に替えると結果が変わります。

これに比べて英語の場合「Igo back my home」となり帰らないのなら 「Not」がつきますので結果が先に分かります。

このように英語はYes、Noがハッツキリした言語と言えます。

日本語は話しながら考えて結果を変えることが出来ますが、英語は初めに結果から話しますので後で結果を変えることが出来ません。

ですから日本語は話し始める事が出来るのに、英語では初めの言葉が出てこないと言う方が居ます。

直ぐに話し始めるクセをつけるようにしましょう!

 

ダウンロード (3)

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive