英会話学習をしているとモチベーションが下がる時があります。

また、本格的に英語学習を頑張ろうとあがる時もあります。

モチベーションがあがる時というと、英語が話せなくて辛い思いをしたとか、もっと英語が話せたらとか思った時などがあると思いますが、英語しか話せない外国人と2人で一緒に1日過ごさなくてはいけないようなシチュエーションがあれば、話好きの人にとっては辛いと思います。

そのようなケースは中々無いと思いますが、英語の学習をしている人は英語を学習し始めたきっかけや、もっとはなせるようになりたいと思った敬意を思い出してみるのも良いかと思います。

うちのスクールでは短期コースや発音コースなど、その日にやりきるコースもありますが、そのようなコースを受講される方の中にはもちろん他の英会話会わっスクールに通っている方も居るのですが、そのスクールには生徒様が求めているコースが無いのでうちに受講しに来るのだと思います。

そこで英会話に関して学習方法や伸び悩みなどのお話をさせていただくのですが、よく聞くのが講師の質、性格的な事が非常に多いです。

特に外国人講師ですが、受講される方もネイティブにこだわる方が多いのですが、レッスン技術やキャリアも重要ですが、生徒様と講師の相性が良いという事が重要です。

中には横柄な態度や見下した態度の講師も居るということなのですが、それには驚きです。

良い講師というのは多くの生徒様に合わせる事が出来る講師で、なおかつレッスンが上手な講師が良いのですが、私の経験では100人に1人の割合でしか居ないと思います。

求人すれば外国人の応募は沢山ありますが、本当に講師として採用できる方は一握りです。

しかしレッスンがあるので、とりあえずどのような人でも採用しているというケースがあるようでネイテイブであればというスクールも少なくないのが現状のようです。

特に不思議に思うのが、管理者はその現状を見ていないのかということですが、私であれば合わない講師とはレッスンをしたくないと思いますので、出来るだけ生徒様が楽しんでいただけるレッスンで目的を達し得れるレッスンを心がける講師を担当させるようにします。

当然の事なのですが、そうで無いケースが非常に多いのが現状ですね。

講師の善し悪しも学習のモチベーションに大きく影響してきますので、このあたりは注意が必要です。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive