インドネシアに半月ほど行ってきました。

 

インドネシアは場所にもよりますが、英語を話す人が比較的多い国です。

特にジャカルタやスラバヤなどの大都市、バリ島などのリゾート地では英語でもなんなくやり取りできます。

 

又バリ島には日本語を話す人も多いので英語圏お人と日本人にはやさしいといえるでしょう。

そんな中でもやはり地方に行ったときやお年寄りの方々はインドネシア語しか話せません。 インドネシア人は10000以上の島から成り立ち他民族の国なので、その地域の言葉がありますから、地域の言葉プラスインドネシア語(国語)が話せます。

 

より多くの方々とコミュニケーションをとるのであれば現地語は必須になりますね。

私はインドネシア語を学習しているので、英語が出来る人でも時々インドネシア語で話します。 出来るだけ知っている単語で簡単なフレーズを使ってみます。

 

自分の言いたい事が言えない時に、単語を聞いて教えてもらったら、意外とこの単語は忘れにくくなります。

これは必要に迫られて使うと印象に残りやすいからだと思いますが、私の場合ではその単語を使うときに覚えたシーンが頭に浮かびます。

このように実際に使う(アウトプットする)ことによって学習する(インプット)より効率よく頭に入りますので、実際に会話する機会を意図的に多くする事は会話練習になるだけでなく、覚えることにもつながります。

 

映画や音楽など英語を聞く機会は多くあると思いますが、自分が英語を話す機会は意図的に作らなくては定期的に頻繁にはありませんので、オススメの方法としてはスカイプでのチャットです。

レッスンではなくただ会話を1時間毎日とか行うというのが理想的です。

 

スカイプのチャットであれば料金は1回数100円でできますので、毎日でも可能ですね。

 

実は当スクールでも会話練習のグループクラスがありまして、文法等の学習は行わずに会話を練習していただきます。

会話はトピックを決めて行うので、そのトピックについて色々論議をしてもらう方式です。

このようなレッスンを行うことで、表現方法も学べますし、間違えたりした場合も正しい表現を学ぶ事が出来ます。

 

images (45)

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive