外国人講師や留学生と話している時、母国語が英語でない国から来ている人に、よくこのような質問をします。

 

「あなたの国では皆英語が話せるのですか?」 もちろん話せない人もいると思うのですが、どれくらいの人が話せるのか聞くときにこのように質問します。 そうすると返ってくる答えの多くは、「若い人は皆話せます。」とか「若い人はほとんどの人が話せます。」

 

その国の文化背景や英語教育がある年代から変わったのだと思いますが、多くの国では英語を話せる若い人が非常に多いように思います。

自分では英語はあまり上手くないと言う留学生でも、普通に上級者だったりします。

 

日本でも語が話せる人は確実に増えて来ていますが、理由は仕事が日本国内で完結しなくなったことで身につける必要が出てきたことや、海外旅行が身近になったことなどがありますが、日本人にとっては英会話が上手くなる理由のほうが少ないため、大人になってから自分で身につけた人が多いと思います。

 

本来幼少期に義務教育で第2原語として学ばせ、ある程度はなせるレベルに達していると、大人になってから猛烈に学習する必要も無いのではないでしょうか?

 

日本はまだ英語教育が進んでいないように思いますが、いずれはある年代以上の人は英語が話せる人が少なく、それ以下の年代はほとんどの人が話せるというときが来るのだと思いますが、今までの教育のままだとかなり時間がかかりそうです。

images (63)

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive