リングスティック ジーニアス 声感トレーニングコースという赤ちゃん向けのトレーニングコースを以前行っていた事があります。

詳しくはこちらをクリック

赤ちゃんに生後8ヶ月~10ヶ月の2ヶ月の間に一定の時間ネイティブスピーカーの声を聞かせると、脳の中に音を聞き取る能力が備わるというものです。

 

この期間を過ぎると効果がなくなるらしいので、どの言語を習わせるにしてもこの期間に一定時間ネイティブの声を聞かせたいですね。

CDやDVDではダメらしく、理由はよくわかりませんが、生の声でなくてはならないのがポイントです。

この時期に聞いた原語の音は大人になっても聞き分ける事が出来る耳が出来るようです。

なので赤ちゃんは皆天才なんですね。

この研究をしている方の話によると、ある少数民族しか話さない言語があり、文字が存在しないので音で親から子に伝わり続けているようです。

 

このような研究結果で大切なのが、実際にこのように「臨界期」というものがどれほど重要で信頼出来るかと言うことよりも、自分の赤ちゃんにとりあえずトライさせると言うことだと思います。

大人になってからでも、いつでも出来るのであれば良いのですが、生後8ヶ月から10ヶ月のわずか2ヶ月間の間しかないのでその期間を逃すともうチャンスが無いのですから。

 

images

 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive