英語には日本語と違い、単語と単語がつながった時に聞こえ方が変わったり、音が消える現象があります。

つながった2つの言葉、たとえば「Did you」が「ディジュー」のようになります。 「ディドゥユー」でも通じますが、ネイティはつながってた発音で話します。

これらをリンギング、リエゾンといいます。

そのほかにも「what time」 「ワッタイ」に聞こえたり 「get it」 「ゲッティ」に聞こえますね。

私も昔、体重を聞かれたとき「What’s your weight?」を「What’s your way?」 に聞こえた事がありました。

スピーキングスピードだけでなく、これらのつながる音と消える音により益々日本人に聞き取りにくくなる現象が起きるため、リスニングが難しくなります。

リンギングに特化した教材なども販売されていますので、これらのリスニング教材を使って聴く練習をするのもよいですが、実際に会話練習でもある程度聞き取れるようにはなります。

何度も何度も同じ音を聞くことによりリンギングのパターンが身に付きます。

そして自分自身もネイテイブと同じようにつながった英語で話すように慣れますので、あきらめずに頑張りましょう!

 

 

ダウンロード (17)

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive