日本人特有のカタカナ英語が外国人にとって変に聞こえたり感じたりするようです。

日本語には「ひらがな」「カタカナ」「漢字」がありますので、日本語でカタカナ表記するもののほとんどは外国語のものだったりしますから、英語の単語と日本語の単語を同じように使うと全然違う発音になります。

 

例えば「tubu」のような単語を日本語読みすると「チューブ」になりますが、英語では「テューブ」のような感じになります。

日本語にチューブと言う言葉が出来てしまっているので、それを日本人が英語読みするのは新しい情報をインプットしなくてはいけないから難しく感じます。

このような単語が数え切れないくらいありますので、英語の単語は英語発音の読み方を必ずマスターしましょう!

と言っても全ての発音を発音記号でおぼえるのは大変です。

そこでフォニックス発音が有効になるわけですが、意外とフォニックスと言う物をはじめて聞くという方も沢山いらっしゃいます。

知らないことは学べませんので、発音学習はせずに英会話学習をし続けているという方が非常に多くもったいないと思います。

当スクールでフォニックスマスターコースを受講される方とお話していると、海外で全く通じなかったとか、発音に関する悩みが切実な方々が非常に多く、なんとかしたいと思われる気持ちがすごく伝わってきます。

もっと早くに知っていればという方もいらっしゃいます。

本当は小学校の授業に取り入れるべきだと思いますが、まだそのような動きは無いようですね。

 

ダウンロード

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive