英語はアルファベットの読み方と組み合わせによる変化する読み方と発音をマスターしなくては話す事ができません。

ローマ字読みを全ての単語にそのまま使うと間違った読み方になるため、正しい発音のフォニックスを学習することをオススメしています。

 

aの場合エとイの2つの母音からなる「あ・い・う・え・お」の読み方

bであれば「ば・び・ぶ・べ・ぼ」というようになります。

 

2つのアルファベットの子音の組み合わせで構成される場合

ch 「チャ・チ・チュ・チェ・チョ」 sh 「シャ・シ・シュ・シェ・ショ」になります。

 

また oo 「ウ・ウー」 や ee「イー」 ea「イー・エ」等もあります。

 

not はノット ですが、 noteはノート と後ろにeが付くと ノッから ノーに変わります。

cut もカットから cute 今度はキュート カッから キューに変わるのですが、これをそのまま感覚で何度も見て聞いて書いて覚えてる簡単な単語は見れば直ぐ読めるのですが、見た事が無い単語の場合は読めなかったりしますので、しっかり法則を学んでおきましょう。

このようなアルファベットの組み合わせによる発音読み方の違いをフォニックスの発音をマスターすることでイレギュラーの場合はございますが、ほとんどの単語のスペルがわかるようになります。

 

 

images

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive