インドネシア語のレッスンを再スタートしました。

年末より長い間休んでいましたので、すっかり全部を忘れてしまいましたが、レッスンをしているうちにだんだんと思い出してきました。

一応思い出しはするのですが、度忘れや完全に忘れてしまっている単語も多く、せっかく覚えたのにポロポロ忘れてしまうのはもったいないので、語学学習は毎日コツコツやらないとダメなのです。

言語は短期間でマスター出来るものではありませんので、時間をかけて取得するように心がけましょう!

 

今回私が思ったのは、講師は日本語が話せるので、日本語で聞き、それを日本語で説明してもらえるので、とてもわかりやすいです。

現在インドネシア語の講師は4名居ますが、皆日本語を流暢に話します。 また彼らの話す日本語の発音はどこの国の外国人よりも聞きやすい発音です。

インドネシア人にとって日本語の発音は簡単ではないですが、西洋人や南米の人たちに比べて簡単なのかもしれません。

 

そして彼らがインドネシア語だけしか話せなかったら、それはそれで良い面もありますが、理解するのに時間が掛かったり間違えて覚えてしまったりしそうです。

今のところ私のインドネシア語レベルでは会話にならないので、出来るだけ初心者のうちは日本語が出来る講師を選択するのが良いと改めて思いました。

徐々に慣れてきたら、逆にインドネシア語しか離せない人のほうがよいかと思いました。

しかし、日本語ばかり使ってインドネシア語を全く使わないようなレッスンは本末転倒です。

自分が出来るだけインドネシア語を話すように努力する必要がありますが、講師たちは能力を引き上げたり引き出したりするレッスン法を身に付けていますので、目いっぱいレッスンではインドネシア語です。

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive