英語学習においてなぜ発音が重要かというと、発音が正しくなければ伝わらないからという当たり前の理由ですが、単語量は豊富で文法力もあるのに発音が悪くて伝わらないのはとても、もったいないことです。

そこで発音の学習になるのですが、英語の教材にカタカナで振り仮名を振っているものが多くあります。

初心者にとってわかりやすく、とっつきやすいので、これはこれで良いのですが、問題は英会話上級者のほとんどはこのフリガナに対してとても否定的なのです。

なぜかというと、カタカナ読みにしてしまうと発音が正しくなくなり正しい英語でなくなるからです。

英語には日本語に無い音がありますので、カタカナに直すと間違いになったりします。

初心者のうちは読めない難しい単語が多いので、教材に読み仮名を書き込んで覚えたりしますが、なれてきて覚えたら、アルファベット読みするようにすることですね

全ての英単語にカタカナをつけているとキリが無いという事がひとつの理由ですが、もっと良い発音学習があります。習うことで英単語の読み方もわかるのでこの方が効率がよいですね。

要するにパターンを学ぶのと同じで法則を知ることで膨大な英単語全てにフリガナをつけなくてよいのです。

日本の教育システムには無い学習法ですが、海外では子供の頃に習うといわれています。

ですから、外国人講師たちは日本の英語教育は不思議だとみな言います。

そこで、この英会話発音学習ですが、フォニックスというものです。

A,B,Cの読み方をエー、ビーシーではなく「ア、ブ、ク」と会話のときに使われる発音で覚えます。

また、2つのアルファベットが重なったときの音の出し方も決まっていますので、これらの全てをマスターするコースをご用意しました。

英会話初心のかたは早いうちにこのフォニックスをマスターすることをオススメします。 また、中級者や上級者の方も撥音に自身の無い方や苦手意識がある方は受講されることにより、さらに英会話が良くなります。

フォニックスマスターコース

 

images (6)

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive