英語とその他の言語の大きな違い

 

日本人にとって英会話学習が、他の言語よりどれほど有利かというと、まず下記の単語

ストップ、クリアー、ファイト、スカイ、レッド、ツリー、ネット、ローズ、サイン、フロアー、トレイン、ゲーム、チャンス、ムーヴ、マネー、ブラック、ビルディング、キャット、カー、ドラッグ、ジャスト、ビューティフル、デンジャラス、コーン、ゴッド、ムービー、ドライ、テレフォン、グッド、ストライプ、ニュー、レスキュー、キャンセル、グラス、カップ、トリップ、ラブ、スルー、クリアー、ラスト、リスペクト、ブロークン、ホワイト、クリーン、etc

まだまだいくらでもありますが、これらの単語は全て英単語をカタカナで表記したものです。ほとんどの人が理解できるものばかりだと思います。

この単語を全部中国語やドイツ語、ロシア語にしてください、と言われてもわからない人がほとんどだと思います。

要するに英語はすでに私達の中にあるという事です。

改めてインプットしなくてはいけない単語も、もちろんかなり多いのですが、とにかくなじみがありますので、他の言語では全ての単語を覚えなくてはいけないので、それでけでも英会話有利です。

まじめにしっかりやれば直ぐに日常会話は話せるようになりますね。

ボキャブラリーはすでにあるので、特に発音、会話練習を中心に学び、毎日リスニングすると良いです。

また、不規則動詞の変化やイディオムやフレーズなどは会話を通して学んだり、映画などからでも学習できます。

まず海外旅行で困らない程度までを目指して、仕事で使う人は、それからビジネス英会話を学ぶのが良いと思います。

 

こういう風に考えると英会話のハードルはさほど高くありません。

 

images (5)

 

 

英会話初心者専門店COCCO英会話

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive