物事を始めるのは子供の方が良いと言うのはTEFCASに大きく関係していると思います。

1歳になると立ち上がり、3歳くらいになると、かなり話しだします。

親から覚えた言葉を意味もわからずに話したり 言ったことを覚えたりします。

子供はこの成長過程で多くの失敗をします。

でも失敗したからと言って、けして立つのをあきらめたり、話すのをやめたりしません

子供は自然と、この成長の中でTEFCASを行っています。

ではTEFCASは何かと言うと・・・

T・・・Trial 試行  E・・・Event実行(出来ごと) F・・・Feedback フィードバック

C・・・Check チェック  A・・・Adjust 調整  S・・・Success 成功
簡単に言うと何か目標を決めてトライすると何かが起きます そこで反応を見て、それを研究し

改善して成し遂げると言う流れになりますが、大人になると初めからトライしなかったり

一度失敗するとあきらめてしまったり、やっぱり無理だと感じたり、成功するまで続けるサイク

ルが途中で途切れてしまう事が多いのです。
何事も初めからうまく行く事は少なく、あきらめずに改善調整を繰り返して少しづつ理想の形

になって行くのですが、フィードバック、チェックのあたりでストップするのだそうです。

語学学習においても同じことがあてはまります。

ダウンロード (2)

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive