英会話初心者の方が海外旅行などで使う英語としてこれだけはとりあえずやってほしいとおもうものがあります。

レストランでオーダーするためのフレーズをそのまま覚える

○○が欲しいのいい方 これを覚えると自分の意思表示が出来ます 相手の言っていることが分からなくても欲しいものが出てきます

I ’d like to・・・ Can I have ・・・ I want to・・・ など

「どこそこに行きたい」や「なになにがほしい」 「なになにしたい」全部これでOKです。

「L」と 「R]の発音に注意して下さいね 「Light」 「 right」日本語で書くと同じライト Rの場合は最初に 「う」をつけて ウライトと言うと

それらしく聞こえます。 他にも発音はありますが、よく言い間違えるのがLRの発音です。

 

海外旅行編のレッスンではショッピングやホテルのチェックイン、レストラン、乗り物、観光などで基本のフレーズを覚えておけば管理使える物を中心に行います。

変則的な場面に出くわす事も有ると思いますので、やはりしっかりと基礎学習をしなくてはいけませんが、楽しみながら実践のどのような時に使えるか明確にわかる事で、学習の意味が分かるのでモチベーションも上がりますね。

 

初心者がよくやってしまいがちな事として、何かわからないけどとりあえずYESとこたえてしまったりしますが、よく分からなければ何度も聞き直して分かってから返事をした方が良いです。

何度も聞き直すのに気を使うと思うかもしれませんが、解らないのに返事をしてしまうと後でトラブルになったりしますので、こう言いましょう!

「もう少しゆっくり話して下さい。」 「今何て言いましたか?」 「「私は英語が苦手なのでもう一度分かりやすく行ってくれますか?」

英語で上記の3つを言いましょう。

特に Iam not good at ENGLISH. 私は英語が苦手です。 を先に伝える事で相手が早口で話してくるのがストップします。

ポイントは相手に話させずにこちらが質問をして聞くと言う形で会話の主導権をとるのが良いかと思います。

 

ダウンロード

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive